薄れゆく愛

2015年9月2日

秋明菊

『秋明菊』。

秋らしい草花がほしくなり。
後ろに見えるのは、
『セロシア ローズベリーカフェ』
なんて洒落たお名前のお花。

『菊』とつくけれどキクの仲間ではなく、
キンポウゲ科のアネモネの仲間。
『花』に見えるのは、実は『萼(ガク)』。

お花がちょっと似ているなぁと思っていた
クリスマスローズと同じく、花でなくガクで、
同じキンポウゲ科だった。

日本で生まれた植物ではなく、
古い時代に中国からやってきて、
日本に帰化した植物だそうだ。

京都の貴船に多く自生しているので、
『貴船菊』とも呼ばれる。
きれいな水が好きな植物なのでしょう。

うっすら細かい毛で覆われた、
ころんとしたつぼみ。
うつむき加減のお花。

花言葉は「忍耐」や「薄れゆく愛」だとか。
可憐な花姿は、
下を向いて耐えているようには見えないのだけれど。


カテゴリ: 私的植物誌  |  0 Comments
You can leave a comment, or trackback from your own site.

0 Comments

You can be the first to comment!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing