ケイトウ

2015年9月18日

さゝま『鶏頭』

神田 さゝま さんの『鶏頭(けいとう)』。

ケイトウが型押しされた練りきり、
中はこしあん。
やわらかめの四角い練切で
口あたりがみずみずしくておいしかった。

ニワトリの鶏冠(とさか)に似た花が
咲くのでこの名前になった植物。
英名でも「鶏のとさか」を意味する
“a cockscomb”と呼ばれる。

 このお菓子に型押しされているケイトウは、
ノゲイトウ(野鶏頭)の種類だと思う。
カラフルなわかりやすい色の
小さめで素朴な花が咲く。

最近、お花屋さんでよく目にする、
久留米ケイトウ、トサカケイトウには、
グリーンやアンティーク調のオレンジやピンクも
あり、びっくりするほどおしゃれ。

ケイトウはどちらかというと苦手なお花だったけれど、
おしゃれな種類のケイトウを何回か部屋に飾るうちに
抵抗がなくなって、むしろよく買うようになった。


カテゴリ: 植物モチーフの和菓子  |  0 Comments
You can leave a comment, or trackback from your own site.

0 Comments

You can be the first to comment!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing