深山の秋

2015年10月7日

両口屋是清 「深山の秋」

両口屋是清さんの『深山(みやま)の秋』。

やわらかめの粒あんを包んだ道明寺。
そのまわりを寒天で包んでいる。
道明寺と粒あんがよく合う。

緑から赤へ、だんだんと色づく道明寺の山に、
赤みの強い細めのきんとん。
秋の山のところどころが色づきはじめたところって
このお菓子のあらわすとおりにうきあがって見える。

一見、地味だけど、よーく見ると、
深まる秋の山を見事にあらわしているお菓子。
そして、とてもおいしい。

両口屋是清さんによるお菓子の説明:
黒糖風味の道明寺で小豆粒あんを包み、
秋の彩りに染め分けた煉薯蕷を散らして
深まりゆく秋の風情を表すお菓子です。


カテゴリ: 植物モチーフの和菓子  |  0 Comments
You can leave a comment, or trackback from your own site.

0 Comments

You can be the first to comment!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing