『英国ガーデニング物語』

2011年5月30日

『英国ガーデニング物語』『英国ガーデニング物語』
チャールズ・エリオット 著
中野春夫 訳
集英社

編集者として活躍していたアメリカ人ジャーナリストが英国に移り住んで10年、英国の田園での園芸生活を経て書き上げたエッセイ。原題の『The Transplanted Gardener』で、自らを英国に『移植』されたガーデナーと表現している。外国人である著者自身が英国のガーデニング事情、英国に自然にローカライズされていったことを感じさせるタイトルである。

外国人でありながら、ひょっとすると英国人以上に英国、英国の田園を愛し、理解を示す著者によるこのエッセイは、英国でたいへんな好評を呼んだ。それは、外国人ならではの新鮮な驚きや発見というだけではなく、ジャーナリストならではの視野の広いものの見方、鮮やかな切り口、ユーモアあふれた分析によるものであろう。

雨の降り方(英国には『園芸の天気予想術』なんていう本まであるらしい!)、バラ、庭園見学、貴族趣味、道具にまつわる話しから始まり、英国の園芸まわりの著名人、英国の庭園考まで、英国の園芸の歴史と英国の田園文化、英国人についてのエッセンスがぎっしりと詰め込まれた一冊。

この本を読んで、英国人の園芸や田園への並々ならぬ思いのたくましさ、奥深さには到底おいつけまい、とため息をつくと同時に深い愛情を感じてしまった人は、もしかしたら、次に移植されるべき園芸家なのかも。


You can leave a comment, or trackback from your own site.

0 Comments

You can be the first to comment!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing