だれかの名前のような花の名前

2015年9月15日

ミシマサイコ&たま

グリーンとレモンイエローの組み合わせ。
『ミシマサイコ』と『バラ たま』。

人と猫の名前みたい。
お花屋さんのお兄さんに
ニヤニヤしながら話しかけると、
サイコさんについて教えてくれた。

『ミシマサイコ』はセリ科の植物で、
漢字では『三島柴胡』と書く。
根が柴胡という生薬として用いられるそうで、
そういえば!と家の薬ボックスを開いたら、
「風邪後期の症状に『柴胡桂枝湯』」
というひと箱が置いてあった。

静岡県の三島市付近の柴胡は、
品質がよく優れていたので、
地名と音読みを組み合わせて、
『ミシマサイコ』と呼ばれるようになったのだそう。

今では、野生のものを見つけるのが難しく、
絶滅危惧II類に登録されている。
品質がよいので乱獲したのが原因。

カップ咲きのレモンイエローのバラは『たま』。
新種なのだそう。
花芯は緑色で、
花びらは少し緑をおびながら、
やさしいフリルが幾重にもかさなる。

お花屋さんでは花色で選んでいたのに、
無意識にだれかの名前のような2種を
組み合わせたのがおかしくて、
帰り道はやっぱりニヤニヤしていた。


カテゴリ: 私的植物誌  |  0 Comments
You can leave a comment, or trackback from your own site.

0 Comments

You can be the first to comment!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing