ほっとするもの

2015年10月11日

庭の花

日中、母に電話をすると、
出るまでに時間がかかる。
「あ、庭にいたのよ、ごめんなさい」と
いつも答える母。

そんな母の庭は、いつの季節に行っても
花々や、葉っぱがさまざまに美しい。
野菜の葉っぱまで、
色合いを考えてきれいに間引きされて整頓され、
赤い葉のレタスがきれいな縁どりになっている。
ああ、こういうのが「ポタジェ」というのだな、と思う。

実家に行くと庭の中でしばらく時間を過ごす。
そして、欲しいものを鉢に株分けしてもらったり、
挿し木を頼んで、わたしの庭にも持ってくる。

今日もらってきたのは切り花。
コスモス、セロニア、ニラの花と、もうひとつ。
黄色いのは名前をど忘れして思い出せない母。
ニラの花も星形の小さな花が丸くまとまって、
観賞用、園芸用の花に負けないかわいらしさ。

地味な草花ばかりだけれど、
目に入るたびにほっとさせてくれる。
そういう花を飾るのが好きだ。


カテゴリ: 私的植物誌  |  0 Comments
You can leave a comment, or trackback from your own site.

0 Comments

You can be the first to comment!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing