初もの 桜餅

2016年1月26日

仙太郎「桜餅」

仙太郎さんの「桜餅」。
初もの。

大阪から東京に越してきたとき、
「桜餅」と名前のついたものが
見たことのないかたちをしていて驚いた。

桜餅には「道明寺」と「長命寺」の2種類がある。

関西の桜餅とは、
道明寺粉の持ちでやわらかめのあんを包んだもの。

関東の桜餅とは、
小麦粉を焼いた薄くて丸い皮のようなもので、
しっかりめのこしあんを巻いている。

最近は、両方を購入できる和菓子屋さんも多いが、
仙太郎さんは『長明寺も「つくれるが作らない」』のだそう。

新潮社 とんぼの本、
若菜晃子さんの『地元菓子』70〜71ページを
ぜひご参照ください。
全国桜餅分布マップなるものも載っています。

仙太郎「桜餅」

大ぶりな塩漬けの桜の葉を
2枚たっぷりと使った桜餅。
もちろん葉っぱごといただく。
あんこと塩気がおいしい。


カテゴリ: 植物モチーフの和菓子  |  0 Comments
You can leave a comment, or trackback from your own site.

0 Comments

You can be the first to comment!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing