チューリップ

2013年1月28日

チューリップと小手毬。
小手毬はまだつぼみで、
チューリップもきゅっと閉じている。
これからだんだん開くのが楽しみ。

1500年代にコンスタンチノーブル付近で
発見されたチューリップは、
その後ヨーロッパに渡って、
チューリップ狂時代なんていう現象も生んだらしい。
多くの人に愛されるお花。

小手毬の半端な枝と小さめカーネーション。
半端でも枝ぶりがきれい。

2日後の様子。
どちらもだいぶ開いてきた。
小手毬は開花すると、
名前のとおりに小さな毬のよう。
(1/30 追記)


カテゴリ: 私的植物誌  |  0 Comments
You can leave a comment, or trackback from your own site.

0 Comments

You can be the first to comment!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing